メニュー

デイトレード

株式やFXの投資の仕方には色々ありますが、最近ではデイトレードのような短期間で売買を繰り返す取引をする人が増えて来ています。

デイトレードは一日の中で何度も売買を繰り返しますので、一回当たりの利益は小さい事が多いです。しかしそれを何度も繰り返す事によって、大きな利益とするのです。

デイトレードは翌日以降に持ち越さないので、経済や政治の大きなニュースが飛び込んだとしても損失を回避できるのです。ですからデイトレードはリスクが小さくリターンが大きい取引と言えるのです。




fsoiuere








FXとは通常、年間利益が一定以上になると、それは雑所得という区分で扱われ、確定申告をして所得税を支払わなければならなくなります。基本的にはFXの収入から必要経費を差し引き、そこから所得控除を差し引いて残額があれば申告が必要となります。その税金の制度が2012年度から大きく変わっています。

FX取引にはそもそも2種類があり、「店頭取引」と「取引所取引」というものです。これらは仕組みは同じですが、店頭取引と取引所取引には大きな差があり、これまでは取引所取引の税率は一律20%でした。しかし店頭取引の場合には、最高50%の税率がかかってくることもありました。そこでこの格差をなくするために税制改正が行われ、税金の格差が両方の取引においてなくなりました。店頭取引の税率が一律20%になったのです。これは取引所取引に合わせた結果です。

これにより、投資家にとってはどちらの取引を選んでも税制改正のおかげで税率の心配をする必要がなくなり、システム、サービスの質でFXで業者を選択することができるようになりました。たとえばFX海外単体の取引でプラスになっても、他の投資はマイナスだったというような場合においては、税金を払う必要がなくなったのです。

この格差解消は取引において大きな意味合いを持つ結果となりました。そして税制改正によるFXへの良い影響のメリットとしてもうひとつ挙げられることがあります。それは損失が3年間繰り越して控除できるようになったことです。つまり、FXで発生した損失を確定申告したとして、そこから3年間はたとえ取引をして収入が発生したとしても、収入額が損失額を上回らないかぎりは、課税対象とはならないことが決定したのです。

これはFXの取引を行うトレーダーにとっては朗報です。毎年、損失があってもこれまでは繰越控除が受けられませんでしたから、これは大きな改革と言えます。ただし、この繰越控除を受けるためには、毎年きちんと確定申告をして、自分の損失額を明らかにしておく必要があります。ただ、そこさえきちんとしていれば、最初の1年目でマイナスになったとしても、3年経つまでに毎年確定申告をして、損失額以上の収入を得るまでは、確定申告をしても払う税金は発生しません。この税制改正により、FXトレーダーはこれまで以上に取引に力を入れやすくなったと言えるでしょう。