メニュー

デイトレード

株式やFXの投資の仕方には色々ありますが、最近ではデイトレードのような短期間で売買を繰り返す取引をする人が増えて来ています。

デイトレードは一日の中で何度も売買を繰り返しますので、一回当たりの利益は小さい事が多いです。しかしそれを何度も繰り返す事によって、大きな利益とするのです。

デイトレードは翌日以降に持ち越さないので、経済や政治の大きなニュースが飛び込んだとしても損失を回避できるのです。ですからデイトレードはリスクが小さくリターンが大きい取引と言えるのです。



金融商品には色々なものがあり、例えば外貨貯金や株取引、近年ではFXやバイナリーオプションなども人気を博しています。

特にFX取引とバイナリーオプションは、少ない資金で始められることが出来たり、スマートフォンなどから手軽に投資の注文が行えたり、また、主に通貨を銘柄にしていることもあるため、外国為替市場の特性から24時間いつでも取引きをすることが出来ることなど、非常に小回りの利く、使い勝手の良い投資取引として知られています。

バイナリーオプションでは、例えば「今1ドル100円の通貨が、2時間後に1ドル120円よりも上になっているか、下になっているか」を予測するだけの、二者択一の分かりやすい取引ルールで人気があります。
その予測に対してチケット購入という形で投資をし、予測が当たればあらかじめ決められている配当金が利益として受け取れ、外れた場合には損失という形でチケット代を失うことになります。

バイナリーオプションの取引きは二者択一ですので、これに無作為に投資を行うと、その勝率は50%になります。
もちんこれは、例えば10回取引きをして5回連続で負けたので、次からは5回連続で勝てる、というものではなく、あくまで一回ごとの勝率になりますので、そのあたりは注意する必要があるのですが、長く取引きを続けて回数をこなしていくと、おおよそ半々の勝率になるのです。

半々の勝率という事は、勝ち負けがそれぞれ同数という事になります。単純に考えれば収益のプラスマイナスがゼロになるので、利益を生みだしません。
投資取引による資産運用は、自分の資産がプラスになる事を目的としているために、これでは投資をしている意味がなくなりますし、実際はチケット代の中に手数料などが含まれているため、利益である配当金と、損失するチケット代はプラスマイナスゼロにはならず、勝率が半々だとしても、資産はゆっくりと損失方向へ向かうのです。

こうした事を防ぐためにも、無作為の投資による50%の勝率に甘んじることなく、積極的に為替相場の流れを読み解いて予測をしていく必要があり、為替レートの動向を分析するためには「テクニカル分析」というものを用いると非常に効果的です。

テクニカル分析には、その用途や目的により色々な種類のものがあり、例えば過去の為替相場の数値を図表化し視覚的にまとめた「チャート図」や、為替の数値を数式にあてはめて導き出した指数を参考にする「テクニカル指標」、為替レートの値動きの流れの方向や強さを計る「トレンドフォロー系」、相場での売り気配や買い気配を見る「オシレーター系」など、おおよそに分類されています。
これらのテクニカル分析の手法を、時に単体、もしくは複数で用いて、過去の為替相場の数値やレートの変動を分析し、その動向から未来の為替の動きを予測していくのです。

テクニカル分析は種類が多く、また用途を理解して使用しないと効果が得られない場合もありますので、まずは知識を学び、実戦に生かして一つづつ覚えていくことをお勧めします。