メニュー

デイトレード

株式やFXの投資の仕方には色々ありますが、最近ではデイトレードのような短期間で売買を繰り返す取引をする人が増えて来ています。

デイトレードは一日の中で何度も売買を繰り返しますので、一回当たりの利益は小さい事が多いです。しかしそれを何度も繰り返す事によって、大きな利益とするのです。

デイトレードは翌日以降に持ち越さないので、経済や政治の大きなニュースが飛び込んだとしても損失を回避できるのです。ですからデイトレードはリスクが小さくリターンが大きい取引と言えるのです。




fsoiue








よく似ていると評されることの多い投資方法に、外貨預金とFXのスワップ運用があります。MT4を利用している方が特に多くこのような取引をしています。確かに比較してみるといくつか共通する部分も見つかるこの2つの投資方法ですが、実は相反する部分もあるのです。そこで今回は外貨預金とFXスワップ運用、この2つにはどんな違いがあるのか、具体的に挙げていきたいと思います。

関連サイト: 平均足.net

まず1つ目の違いは、その仕組みです。外貨預金においては円を外貨と交換し、外国の銀行に預け入れを行う形で運用を行いますが、FXスワップ運用はスワップポイント、すなわち通貨ペアの間に存在する金利の差を利益として確定させ、運用します。いずれの投資方法も金利が利益になるという部分については共通するのですが、取り扱える通貨が違うのです。外貨預金では、円から外貨、という決まった方向での売買しかできないのですが、FXについてはドルから円、といった方向での売買もできますし、ユーロ/ドルという円を介さない売買も可能です。その時々の金融情勢に応じて、より多くの利益を求めて数多くの通貨ペアから選べるようになっています。

2つ目に、外貨預金というのは満期にならないと日本円に戻せないという不便さがあります。たとえば為替の動きに急激な変化が起こったとしても、その都度預金を出すことはできません。その点FXなら大抵24時間、いつでも売買できますから、上記のような急な異変時でもすぐに有利に運べるような取引に持っていくことができるのです。

さらに3つ目、決定的に異なるのは、FXにはレバレッジがあるという点です。FXにおいて元手となる証拠金の何倍もの金額の取引が可能なのは、このレバレッジを掛けて取引を行うからです。大きな倍数のレバレッジを掛ければ、その分大きな利益が生まれる可能性もあります。しかし、外貨預金は資本を上回る金額の取引は不可能ですから、運用率という点ではFXに負けてしまうわけです。もっとも、高倍率のレバレッジを掛ければその分失敗時の損失も甚大になりますから、低リスクでスワップ運用を行いたいならばレバレッジを高くすることはお勧めできません。

これらの違いを見てみると、外貨預金よりもFXのスワップ運用のほうがメリットが多いように感じられますが、どちらにもメリット・デメリットがあり、一概にどちらが良いとは断言できません。たとえばスワップ運用は外貨預金のようにただ金利を受け取るだけとはいかず、金利の逆転現象が起きれば支払いの必要性が生まれることもあるからです。ですから、メリットばかりでなくデメリットも検証し、自分に合う選択を行いましょう。