メニュー

デイトレード

株式やFXの投資の仕方には色々ありますが、最近ではデイトレードのような短期間で売買を繰り返す取引をする人が増えて来ています。

デイトレードは一日の中で何度も売買を繰り返しますので、一回当たりの利益は小さい事が多いです。しかしそれを何度も繰り返す事によって、大きな利益とするのです。

デイトレードは翌日以降に持ち越さないので、経済や政治の大きなニュースが飛び込んだとしても損失を回避できるのです。ですからデイトレードはリスクが小さくリターンが大きい取引と言えるのです。




fsoiuererer








バブル崩壊から景気は一向に回復せず、暗黒の20年と呼ばれています。それと同時に、世界のグローバル化が進み経済の競争は熾烈になりました。その煽りを受けて、ボーナスカット、減給、そしてリストラなど、また退職金をもらえても雀の涙ほどということもあります。会社はもうあなたを守ってくれません。そして、国自体も赤字であるため、年金も支給される年齢がどんどん上がっていき、このままでは年金がもらえなくなるのでは?と囁かれています。

そんなご時世、お金に困ることなく老後を過ごすには、資産運用について学び、早いうちから資産運用をしていく必要があります。その資産運用の中でお勧めなのが、FXです。FXは高いレバレッジがかけられ、FXで儲かった人の話や大損した人の話をきくので、ハイリスク・ハイリターンと世間では思われております。しかし、これはFXの取引方法の中のごく一部で、ローリスク・ローリターンで長い時間をかけてコツコツと安全に資産を積み上げていく方法もあります。

このローリスクになるかハイリスクになるかを左右するのが、上で少し触れたレバレッジです。レバレッジとは、業者に預けた証拠金を担保にして証拠金以上の取引を行うしくみのことで、レバレッジを大きくすればするほど、勝った時に大きく儲けることができます。このウェブサイトで取引ができるようになっています。しかし、負けた場合は大きく損をしてしまいます。長く安定した資産運用をするには、このレバレッジを低くする必要があります。また、長期運用を目的とするのであれば、為替の差額だけではなく、スワップポイントも非常に重要となってきます。

スワップポイントとは、通貨間の金利差のことです。通貨毎に金利が違いますので、当然金利差も生まれます。この差がスワップポイントです。スワップポイントはポジションを持っているだけで、毎日発生するので、長期の安定運用にはうってつけです。ですので、長期運用でFXを行うのであれば、スワップポイントが有利な業者や通貨ペアを選びましょう。FXで資産運用する場合、レバレッジを大きくかけてハイリスクで運用すると、何度か大きく勝てても、勝ち続けることは難しいです。ですので、FX初めてであれば、ハイリターンを狙うのではなく、小さい利益をコツコツ積み重ねていきましょう。